母親に想いをこめて

 

 先日は私の母親の誕生日でした。様々な病気をしていて、要介護3の状態です。以前から伝えたいけど伝えていなかった言葉を添えて自助カルテを贈ってみました。

 

 誕生日おめでとうございます


 身体も思うように利かず

 腰の重さに気も滅入ることもあるでしょう

 思うようにならないことは確かに多いけれど

 一緒に障害を乗り越えたいのです

 

 幼いときに抱きついて

 大きなエプロンの中に

 顔をうずめていたことを

 よく覚えています

 大きな大きな存在であった母に

 私が役立てることは

 私の幸せでもあるのです

 

 誠意をもって人に接することの大切さを

 教えてくれたのはあなたでした

 天に恥じることなく真っ直ぐ生きることを

 諭してくれたのはあなたでした

 今は、その恩返しをするときだと思います

 

 生きていてくれて、ありがとう

 生きていてくれることが私の支えです

 これからも親孝行させてください

 いつも本当にありがとう

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    いたもち (土曜日, 07 5月 2011 18:28)

    読んでいて
    私も母を思い、涙が浮かびました。

    幸いにも私の母は元気で
    なぜ涙が浮かぶのはわかりませんが
    へその緒が象徴するように
    母性はすべての子の魂に直結しているのだと
    自分なりに解釈しました。

    「父性はどうなんだよ」と
    父におこられそうですが。